相続時精算課税制度

相続時精算課税制度

当サイトは、相続時精算課税制度に関する情報サイトです。
相続時精算課税制度

 

相続時精算課税制度について、解説しています。


 このサイトをじっくり閲覧することにより、あなたとあなたの家族のお悩みが解決します。
 
   相続時精算課税制度に関する平成24年度税制改正
 住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の特例の適用期限が3年延長されます(平成26年12月31日まで)。
 
 
 1.相続時精算課税制度
   基本
   申告状況
   導入された趣旨
   メリット・デメリット
   「暦年課税制度の贈与」との比較
   適用対象者
   適用対象となる財産
   養子縁組・解消
   適用手続・提出期限
   必要書類・添付書類
   期限後届出・申告
   財産の申告漏れ・評価誤り
   外国居住・国外財産
   落とし穴
   遺留分減殺請求
   相続放棄
   連帯納付義務
   申告内容の開示請求
   事業承継税制との併用
 
 3.相続時精算課税制度の計算
   相続時精算課税選択の贈与税計算
   住宅取得等資金の贈与税計算
   相続税の計算
   相続税の基礎控除額
   贈与税額控除・贈与税額の還付
 
 5.相続時精算課税による節税・相続対策
   賃貸アパートなど収益物件の贈与
   価値の上昇する財産を贈与
   65歳未満の親からの贈与
   遺留分の放棄
 
   
 
 2.住宅取得等資金の贈与(特例)
   基本
   要件
   一定の家屋新築のための金銭贈与
   土地の取得のための金銭贈与
   一定の増改築のための金銭贈与
   床面積の意義
   取得家屋に居住できない場合
   住宅取得等資金以外も贈与
   贈与年の中途で転勤
   住宅ローン控除との併用
   適用手続・提出期限・必要書類
   家屋新築した場合の添付書類
   増改築をした場合の添付書類
 
   1,000万円贈与税特例との併用
 
 4.相続時精算課税申告書の書き方
   まず、こちらを読んでから
 以下、pdf
   相続時精算課税選択届出書
   贈与税の申告書
   贈与税の申告書(住宅資金)
 

  相続時精算課税制度に関する法令
 
 以下、別サイト
  相続税・贈与税・遺言
  相続税申告
  事業承継税制と中小企業経営承継円滑化法
  住宅取得等資金の贈与に係る贈与税の特例(非課税)
  住宅ローン減税・住宅ローン控除
  アパート・マンション経営の税金・節税-不動産・土地・建物の税金・節税
  遺言書の書き方
  節税
 
   相続時精算課税制度の基本の基本
 相続時精算課税制度を利用すると、相続のときには、贈与された財産と、相続または遺贈された財産を足した額に相続税がかかります。ただし、支払った贈与税は、相続のときの相続税から控除できます。ですから、税金を二重に払うようなことはありません。
 この制度を別のいい方をして説明すると、生前の贈与はなかったものとされ、再度相続税を計算し直すということです。サラリーマンの給料に置き換えるならば、生前に支払った贈与税は給料から天引きされる源泉税のようなものであり、再度相続税を計算し直すことは年末調整をするようなものです。
 
 
   相続時精算課税制度に関する平成22年度税制改正
 「住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の特例について、特別控除の上乗せ(現行1,000万円)の特例を廃止し、年齢要件の特例の適用期限を2年延長します。」と平成21年12月22日、平成22年度税制改正が決定されました。
 特別控除の上乗せ(1,000万円)はなくなり、住宅取得等資金の贈与であっても、贈与財産の種類、使途は問わない一般の相続時精算課税制度と一緒の2,500万円の特別控除ということになります。ただし平成23年12月31日までは、住宅取得等資金の贈与であるならば、65歳未満の親からの贈与でも相続時精算課税制度を利用できますよということになります。
 今回、住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の特例で上乗せ(1,000万円)がなくなった理由は、平成21年度税制改正で設けられた住宅取得等資金の贈与税特例の非課税限度額(現行 500万円)が平成22年度税制改正により1,500万円へと1,000万円分引き上げられたからでしょう。
 
 
   相続時精算課税制度に関する平成23年度税制改正
 住宅取得等資金の贈与に係る特例措置の改正 
 次の特例措置について、適用対象となる住宅取得等資金の範囲に、住宅の新築等(住宅取得等資金の贈与を受けた翌年3月15日までに行われるものに限ります。)に先行してその敷地の用に供される土地等を取得する場合における当該土地等の取得のための資金が追加されました。
(1)直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置
(2)特定の贈与者から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例
 
 
 以下は、案であったものだが改正されてないものなので無視してください。資料としておいてあるだけです。
 相続時精算課税制度の適用要件について、次の見直しを行います。
イ 受贈者の範囲に、20歳以上である孫(現行 推定相続人のみ)を追加します。
ロ 贈与者の年齢要件を60歳以上(現行 65歳以上)に引き下げます。
  
 
 当事務所への仕事のご依頼
 
 税理士・中島IT会計事務所では、税金の相談、相続時精算課税の申告書作成・提出代理、マスコミの方からの取材、セミナー講師を喜んでお請けいたします。
 
 
 土地建物・マイホーム全般に関する税金の解説本を執筆しています。
 土地建物・マイホームの節税がよくわかる本(2011年版) 中島吉央著
 全国大手書店で絶賛発売中
 本の内容
 知ってるとトクする土地建物・マイホームに関する税金・節税について、豊富な図とわかりやすい文章で解説しています。平成22年度の税制改正に対応。
 
 本の目次
第1章 マイホームを買う時にかかる税金
第2章 マイホームを持っている時にかかる税金
第3章 相続・贈与の時にかかる税金
第4章 マイホームを売る時にかかる税金
第5章 不動産を貸し借りした時にかかる税金
巻末資料 優遇税制の期限 


 1.当サイトの著作権は、税理士・中島IT会計事務所が有しています。
 2.税理士・中島IT会計事務所は、利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、なんら責任を負うものでは有りません。
 3.当サイトは、予告なしに内容の変更または削除もしくはURL(アドレス)の変更をしますので、あらかじめご了承ください。
 
   
 当サイトはリンクフリーです。報告義務はありません。
 

 SE