相続時精算課税制度>>相続時精算課税制度に関する法令
    一般    住宅    計算    節税・対策    書き方    法令        ご依頼

相続税法施行令第五条の二(相続税額の加算の対象とならない相続税額)

 法第二十一条の十五第二項 又は第二十一条の十六第二項 の規定により読み替えて適用される法第十八条第一項 に規定する相続税額として政令で定めるものは、法第二十一条の九第五項 に規定する特定贈与者(以下「特定贈与者」という。)の死亡に係る相続税の計算において同項 に規定する相続時精算課税適用者(以下「相続時精算課税適用者」という。)の法第十七条 の規定により算出した相続税額に当該相続時精算課税適用者の法第二十一条の九第三項 の規定の適用を受ける財産で当該特定贈与者の法第十八条第一項 に規定する一親等の血族であつた期間内に当該特定贈与者から取得したものの価額が当該相続時精算課税適用者に係る特定贈与者の死亡に係る相続税の法第二十一条の十五第二項 又は第二十一条の十六第二項 の規定により読み替えて適用される法第十九条 及び第二十一条の十四 から第二十一条の十八 までの規定により計算された課税価格に算入された財産の価額のうちに占める割合を乗じて得た額とする。